Invisible Target

TV-on-Video SALE

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター

龍好きYUMI☆☆のサイト(FC2ブログ編)

龍、ジャッキー・チェン(成龍)、武術、中国、鍛錬身体(身体を鍛える事)、マリンスポーツ、水泳、野球、猫、紫、蝶・・・etc好き管理人のサイトです。 記事訳等の転載は禁止します。


Aqua Museum
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大変遅くなりましたが10月25日の『第20回東京国際女性映画祭』の感想を書きます。

10月23~25と連日で会社を早退し(あ~~最初に就職した会社が東京だったからずっと東京に勤めていればよかった(^_^;)←って遠くて数カ月しか続かなかったのであった。(ーー;))
第20回東京映画祭共催・提携企画の映画祭に通っている私であった。(^_-)-☆
(これでも見る作品はだいぶセーブしているのであった。m(__)m)

10/25もこんなに日本上映が早くなると思っても見なかったそして待ち望んでいた作品『女人本色』なのである。

会場の東京ウィメンズプラザは渋谷にある。
23~24まで香港映画祭で通い慣れた渋谷である。


午前中で会社を早退したので、ちょっと時間があり、先日妹が上京した際、勧めてもらった渋谷の『ビックシェフ』にまず寄りました。

詳しくは
『龍好きYUMIのサイト(アメーバ ブログ編)』
に載せておりますので、ご興味のある方はご覧ください。m(__)m

『ビックシェフ』で腹ごしらえをして、最近入った携帯サイトのナビ&遠出で言ったことのない場所に行く時にはいつも欠かさず打ち出してくる目的地までの地図を片手に会場に早足で急ぐ。

どうにか会場の『東京ウィメンズプラザ』の方向を指した看板を見つける。
そして周りの建物なども地図等と同じなので安心して会場に向かう。ヽ(^。^)ノ

目印のひとつ『こどもの城』が見えてきたヽ(^。^)ノ


こどもの城へようこそ!(こどもの城 HP)

あのオブジェクトは岡本太郎さんの作品???(芸術が爆発して素敵ぃ~~!!私は岡本太郎さんのファンでもあるのであった。ヽ(^。^)ノ)

CA390061.jpg


で・・・調べたところあのオブジェクトは『こどもの樹』と言って、やはり岡本太郎さんの作品だそうだ。

そして『こどもの城』を通り過ぎると同じ進行方向右手に見えてきたのは『国連大学』国連と言えば、学生時代受けた国連英検も思い出すが、(あの英語の学力は今はどこへ???(・.・;)(/_;))ユニセフも思い出す。
ユニセフと言えばユニセフの大使のGiGi(ジジ・リョン(梁詠))を思い出す~~♪ヽ(^。^)ノ
当日上映される映画がGiGi主演の映画、その近くの建物何かの縁を感じるな。ヽ(^。^)ノ

『国連大学』の建物、素敵な感じ。ヽ(^。^)ノ(建築物にも興味のある私であった。(^_^;))

CA390066.jpg


CA390067.jpg


CA390069.jpg


『国連大学』の建物の横にはこれまた素敵な建物。(たまにこういった建物もあるのだが、あの角のカーブとガラスの色がなんとも言えない。)

CA390068nvren.jpg



その隣の『青山オーバルビル』このビルも素敵なのだ。
        ↓
    
CA390070.jpg


CA390072.jpg


CA390073nvren.jpg


CA390074nvren.jpg


横の路地に入り、だんだん会場が近くなる。

そして『東京ウィメンズプラザ』が見えた。ヽ(^。^)ノ


到了~~~!!!ヽ(^。^)ノ
(着いたぁ~~~~!!!ヽ(^。^)ノ)
CA390075.jpg


CA390076.jpg


会場に向かうエスカレーターの横には『第20回国際女性映画祭』ポスターがパネルに入れて飾ってある~~♪ヽ(^。^)ノ
写真には撮らなかったですがポスターの隣には案内の女性の方もちゃんと一人いらっしゃいました。(*^。^*)

CA390078.jpg


会場には個の下りエスカレーターを乗っていく。

エスカレーターの左横にコーヒーショップの看板が見えました。ヽ(^。^)ノ
観葉植物がきれいなので思わず写真を撮りました。(*^_^*)

CA390079.jpg


会場の入り口が見えました~~♪ヽ(^。^)ノ

CA390080.jpg


CA390081.jpg


会場の入り口ではスタッフの方々がお客様をお出迎え。
(おかげさまで、気分よく入場できました。m(__)m)

会場に入って、大変運がいいことに一列目のど真ん中のいい席をGETし(^_-)-☆
早速、パンフレットを購入する~~♪ヽ(^。^)ノ

表表紙:
Scan22007.10.25.jpg


裏表紙:
Scan20001.jpg


パンフレットは一部600円なかなかのものである。

上映作品が各1ページにわたり、カラー写真画像入りで載っている。(各作品のページの下のほうにそれぞれの女性監督が画像入りで紹介されている。)
国際女性映画祭のあゆみの特集ページもあり、第1回~第19回の記者会見の際の画像等が載っている。
良い記念になるし、買ってよかったです。ヽ(^。^)ノ

チラシもいただきました:
Scan20004.jpg


Scan20003.jpg


開演:
司会者の方のあいさつに続いて、ゲストの紹介。
GiGiのファンである私はGiGiにも大いに期待を載せていたのだが、やはり私の予想通りのバーバラ・ウォン(黄真真)監督であった。

バーバラ・ウォン(黄真真)監督:
申し訳ないがこの作品の前は私は、彼女のことはあまり知らなかったのですが、m(__)mこの作品で彼女を知り、新浪網のチャットのとき、とっても可愛い女性だなと思い、この作品の素晴らしさもそうですがファンになりました。
なので、彼女がゲストでもとっても嬉しかったです~~♪ヽ(^。^)ノ


龍好きYUMI☆☆のサイト(FC2ブログ編) バーバラ・ウォン

彼女のあいさつが終わり、
司会者の方が「バーバラ・ウォン監督にまた後ほどお座りいただいて、ゆっくりお話を伺います。」とおっしゃったので、映画上映後も~~♪ヽ(^。^)ノ
ととても楽しみにしていました。ヽ(^。^)ノ

映画『女人本色』上映:

何度も書きますがm(__)mこんな早い時期に日本で大画面で観れると思ってもみませんでした~~♪ヽ(^。^)ノ

大画面のGiGiはとっても目の保養になりました。ヽ(^。^)ノ

大画面の『女人本色』はやっぱり最高~~♪ヽ(^。^)ノです。m(__)m

映画の上映が終わって、バーバラ・ウォン(黄真真)監督のトークタイムというか質問タイム。

司会の方(司会の方も女性ヽ(^。^)ノ)と座ってゆっくりとバーバラ・ウォン(黄真真)監督に質問し、お話を聞く。

司会の方の話だとこの映画は日本語字幕がなかったので、あわてて日本語字幕を付け、スチールで上映という形になったそうです。(字幕の作業された方、そしてスタッフの方々、そしてこの映画に目を付けて上映にご尽力された方、皆様ありがとうございます。m(__)m)

というわけで私もこれにあやかり、早々と日本で大画面で大好きなGiGi主演の大好きな映画を観ることができたのである。
おまけに尊敬する監督にもお会いして直接お話しすることも出来ました。m(__)m


トークタイムも終わり。

バーバラ・ウォン監督のほうに近づくファンの人たち、
この映画の舞台挨拶等も関係者以外写真撮影禁止だったので、そのことを気遣ってくださってかバーバラ・ウォン(黄真真)監督は自ら私の写真を撮りますか?
一緒に写真を撮りますか?と言ってくださいました。
そしてここで後ほど仲良くなる2人の女性とはじめてお話。

バーバラ・ウォン(黄真真)監督に映画の感想を直接話すことが出来ました。ヽ(^。^)ノ
彼女も喜んでくださいました。m(__)m
(話す前、ドキドキしてしまったが勇気を持って話してよかったです。(^_^;)m(__)m)

そうこうしている間に次の映画が始まるので外でということで
外で映画祭のパンフレットにサインをしていただきました。

Scan20002babara.jpg


そしておまけに2ショット写真も快く撮っていただきました。

でもこの写真はあくまでもバーバラ・ウォン(黄真真)監督のご厚意によるもので、ネットに載せてよいかどうかご本人に許可を取っていませんので、掲載は控えさせていただきます。m(__)m

そして新しく親しくなった方々と一緒にお茶を飲む約束をして移動するときなぜか、またバーバラ・ウォン(黄真真)監督たちの後に訳もなくついていきそうになってしまった私たちであった。(^_^;)

しかし、バーバラ・ウォン(黄真真)監督のファンへの応対には本当に感動しました。m(__)m
ありがとうございました。m(__)m

そして近所のコーヒーショップで香港映画の話題。
香港明星の話。
次の映画祭の話等で盛り上がった私たちであった。ヽ(^。^)ノ

途中でも書きましたし、10/25に感想を書いたときにも書きましたが、
今回は香港映画仲間もまた増えました。
そしてバーバラ・ウォン(黄真真)監督と交流することもでき、大画面で大好きなスター主演の大好きな作品を早く見ることができ・・・etc・・・主催の方々、スタッフの方々及び関係の方々深くお礼を言いたいです。
ありがとうございました。m(__)m


第20回東京国際女性映画祭 -映像が女性で輝くとき-

Wonder Women(『女人本色』香港公式サイト)
スポンサーサイト

テーマ:☆.。.:*・゚中国・香港・台湾映画゚・*:.。.☆ - ジャンル:映画
そして10/24も会社を早退して第20回東京国際映画祭提携企画 香港映画祭 HONG KONG FILM FESTIVALの映画『男兒本色』を観にBunkamura オーチャードホールに向かいました。

10/23、友達との待ち合わせの場所が違う場所だったのですが、10/24は直接渋谷に向かったので、私の職場の沿線の路線からは渋谷が以外と便利に行けるので一時間以内に着きました。ヽ(^。^)ノ

まだ時間があったので、渋谷駅のスタバの前へ。
スタバ好きの私は思わず写真撮影~~♪ヽ(^。^)ノ

スタバの入っているビルの店舗の案内:
P1010072.jpg


そして昨日覚えた道を歩いてBunkamura オーチャードホールへ:

今回は迷わず行けた~~♪ヽ(^。^)ノ

朋友と待ち合わせはしていないが、昨日一緒に映画を観た友達が仕事の関係で楽しみにしていた大好きなニコラスの映画『男兒本色』が観に行けなくなり、代わりにチケットを譲り受けてくれた彼女の恩人と私は会いたかったのである。(^_-)-☆

外で待ってても風邪をひきそうだったので、タバコを吸わない私はタバコを吸って時間つぶしをするわけにもいかず、中に入る。

お~~~!!ヽ(^。^)ノ

『男兒本色』の上映時間等が書いてある看板(?)がぁ~~!!ヽ(^。^)ノ

早速、人が引けたところで写真撮影~~♪ヽ(^。^)ノ

P1010076nanren.jpg


P1010078.jpg


昨日7人がサインしたサインボードも中に飾ってありました~~♪ヽ(^。^)ノ

P1010079.jpg


P1010089.jpg


P1010085.jpg


香港映画祭のポスター:
P1010092.jpg


映画『男兒本色』の感想:
今回の席は1階10列目昨日より真ん中寄り~~♪ヽ(^。^)ノ
昨日もそうでしたが、観客の方の質が素晴らしい。
やはり映画が始まると拍手、終了で拍手、エンドクレジットが全て流れて会場が明るくなってからやっと席を立つといった感じで
こうした人たちと一緒に映画を観れるのはとっても気持ちいいです。m(__)m
それにいつものように映画の始まりと終わりに遠慮がちに拍手しなくてもいいし。ヽ(^。^)ノ

映画が始まる前に昨日と違って知っている顔を見かけなかったけれどもきっと誰かに会うはず!

と思っていたら、会いたかった朋友を発見~~♪ヽ(^。^)ノ

そして昨日映画の後のお茶にご一緒した香港映画ファンの仲間から声をかけられた。彼女も来てたんだ。ヽ(^。^)ノ

なぜかニコラスの映画なのにニコラスのファンの人で知っている顔は一人も見かけず、顔見知りの成龍朋友の顔が沢山。ヽ(^。^)ノ
ジェイシーの映画だからね。ヽ(^。^)ノ

前日も盛り上がり終電になってしまいましたが、その日も仲間とお茶でなく居酒屋に飲みに行って、結局同じ電車(終電)で帰ってきました。

本当に楽しめました。

香港版DVDを観てから、是非!!大画面で!!!と思っていたのでそれにこんなに早く見れて本当に感激です~~!!!(*^。^*)

主催者の方々、関係の方々、スタッフの方々にお礼を言いたいです。m(__)mありがとうございました。m(__)m


香港映画祭 HONG KONG FILM FESTIVAL 2007

Welcome to DiscoverHongKong(香港政府観光局HP)

龍好きYUMI☆☆のサイト(FC2ブログ編) 映画『男兒本色』(『Invisible Target』) が東京国際映画祭の香港映画祭 HONG KONG FILM FESTIVALで上映~~♪ヽ(^。^)ノ

龍好きYUMI☆☆のサイト(FC2ブログ編) 東京で行われる中国映画祭色々~~♪ヽ(^。^)ノ

龍好きYUMI☆☆のサイト(FC2ブログ編) 第20回東京国際映画祭(含む香港映画祭)

翌日(10/25)は第20回国際女性映画祭なのである~~♪
10/24は『男兒本色』を観ましたが、25日はその女性版ではないけれどバーバラ・ウォン(黄真真)監督の『女人本色』なのである~~♪ヽ(^。^)ノこの映画もこんなに早く日本で観れると思っていなかったし、特別ゲストが舞台あいさつに来るそうなので楽しみにしていたのである。ヽ(^。^)ノ

レポートはまた早いうちに書きたいと思っています。m(__)m
(そうこうしているうちに11/21の東京フィルメックスが近付いてきているのであった。)


第20回東京国際女性映画祭 -映像が女性で輝くとき-

テーマ:☆.。.:*・゚中国・香港・台湾映画゚・*:.。.☆ - ジャンル:映画
第20回東京国際映画祭提携企画 香港映画祭 HONG KONG FILM FESTIVAL 2007初日オープニングセレモニー&映画『鐵三角TRIANGLE』 の感想

すっかり遅くなりましたが第20回東京国際映画祭提携企画 香港映画祭 HONG KONG FILM FESTIVAL 2007 の感想と言うかレポートを書きます。m(__)m

10/23遠方に住む妹妹が上京し、私の家に泊まる。
妹妹は仕事を終えて、東京から来たので、私の家に着くのは0時を回ってしまった。
可愛い(勿論、外見も)妹が心配で駅まで迎えに行く。

家に着き、飲み物を飲みながらジョリーン(蔡依林)とS.H.EのDVDを観る。
もう遅い時間なのにS.H.Eのあるプロモーションビデオに大受けの2人。

翌朝、妹と実家の前で別れ、(妹は実家の母と猫に会いに来た。)
会社が休めないので、(妹と一緒に遊びたかったが)会社に行く私。(@_@;)
早退のことは前もって言ってあったが当日その場になってぐじゅぐじゅ言う上司をよそに職場を後にする。(定時まで仕事したらレットカーペットどころか映画の上映にも間に合わない。←私の会社は私が住んでいるところより結構田舎にあるので。)

妹から実家での楽しい様子を書いたメールが届く。(^_-)-☆


友達と合流し、レッドカーペットへ。

時間が遅くなってしまい。

現地に着いた時にはもうカメラのフラッシュの光と歓声がぁ~~~!!!(@_@;)(ーー;)(・。・;

ひょっとしてもう17時40分だからレッドカーペット始まっちゃったかな????!!

超~やばぁ~~!!(;_:)

現場に到着、カメラのフラッシュとどよめき。
それもすぐ止まる(・。・;
人垣で何が起こっているのかも確認できず。(@_@;)

しばらくすると17時42分ごろだったか黒い長いリムジンが止まる。\(゜ロ\)(/ロ゜)/
もしかして!!!

お~~~!!!

ニコ(謝霆鋒)、ショーン(余文樂)、ジェイシー(房祖名)がぁ~~~!!!(^_^)v\(゜ロ\)(/ロ゜)/

間に合ったぁ~~~!!

でも人垣で人垣の隙間からでないと見えない。(・。・;

残念だな。
ニコラスと旦那のご子息が揃って登場なのに(@_@;)\(゜ロ\)(/ロ゜)/(/_;)

どうにか慣れない人垣での撮影をする。
一緒にいた友達の方がはるかに上手く撮れていた。
焦ってしまいズームにするのも忘れてしまった私であった。(/_;)

なぜか私の撮った写真はショーン・ユー(余文樂)ばかり。それもこんな感じのが数枚だけ。(/_;)
これじゃ、彼のファンでも満足のいった写真ではない。(/_;)

P10100152007.10.23.jpg


P10100142007.10.23.jpg


P10100182007.10.23.jpg


何やらお立ち台と言うか台に上がって記念撮影をしているらしき3人。

3人が会場に入る時一番良く見えた。
しかし撮った写真は前の人の頭ばかり。(/_;)

さてと気を取り直して入場。

席だけは一般発売の前日、ニコラス来日の情報を聞きつけた友達が
連絡してきてプレオーダーのやり方を教わり購入したので一階の前から17列目。
まあまあいい席。
(チケットGET劇:それまでプレオーダーを知らなかった私は、一般発売で買うことばかり考えていた。(/_;)

友達の話だと10/24映画『男兒本色』(『Invisible Target』)上映の際にニコラスの舞台あいさつがあるのでは???
(そのときすでに友達は映画『男兒本色』(『Invisible Target』)のチケットをプレオーダーで購入していた。)
と言うことでしたが、香港映画祭 HONG KONG FILM FESTIVAL 2007の公式サイトを見ると
10/23(火) オープニングセレモニー
鐵三角 TRIANGLE 18:00開場 / 18:30開演
と書いてあったので、その日である可能性が高いことを友達に話す。
私は是非大画面で『男兒本色』(『Invisible Target』)を見たいと思っていたから、
10/24も勿論、行くけれどツイ・ハーク(徐克)監督のファンなので、10/23が映画『鐵三角TRIANGLE』の舞台あいさつだけで
ツイ・ハーク(徐克)監督だけでも生で見たかったので、行くことを決めていました。
結局友達も一緒に行くことになりました。(^_^;))

会場に入り:
香港映画祭のチラシ等をもらう。ヽ(^。^)ノ(やったぁ~~~!!ほしかったんだぁ~~!!)

香港映画祭のチラシ:
表表紙と裏表紙(開いて伏せたところ)

P10100282007.10.23.jpg


香港映画祭のチラシ:
中を開いたところ

P10100302007.10.23.jpg


第20回東京国際映画祭の新聞:
P1010024.jpg


2007年香港公式ガイド:
観光大使のジャッキーが表紙~~♪ヽ(^。^)ノ
結構厚くて製本等も含め立派な雑誌(*^。^*)

Scan200012007.10.23.jpg


第20回東京国際映画祭の上映スケジュールのチラシ:
Scan22007.10.23.jpg


香港Express:
P10100342007.10.23.jpg


香港Expressの裏表紙:
P10100362007.10.23.jpg


P10100332007.10.23.jpg


P10100372007.10.23.jpg


ロビーのTVでは会場の様子が映っていました。ヽ(^。^)ノ
(期待にわくわく~~♪(*^。^*))

P10100402007.10.23.jpg


P10100472007.10.23.jpg


P10100572007.10.23.jpg


会場に入る。
会場の前のスクリーンには香港映画祭のロゴが映っていた。

前の方でマスコミの方が写真を撮っていた。
主催者がマスコミの方に何やら説明をしていた。

そして予想外にもジャッキーがぁ~~~~!!!!!!!!!!!!!(@_@;) \(゜ロ\)(/ロ゜)/ ヽ(^。^)ノ

と言うのは香港旅行のプロモーションビデオが流れ、そのプロモーションビデオにジャッキーが出演されていたのでした。ヽ(^。^)ノ


YouTube - Hong Kong - Live it, Love it!




思いにもよらなかったし、『ラッシュアワー3』以来の大画面のジャッキーに思わず「ぎゃ!」と小さめの声が出てしまった。(/_;)m(__)m(←もう病気ぃ~~!!!(/_;))←やっぱり次元も違うし、ジャッキーが一番好きだから。(^_^;)

そして香港映画祭の上映映画の予告編等が流れる。
『男兒本色』(『Invisible Target』)も~~♪ヽ(^。^)ノ

でも・・・例の バスにぶつかるニコラスが大画面で映る。(@_@;)(・。・;(;_;)
(こういうの実は私は見てられないんだけれどこういうこと映画でする人が好きなのよね。(/_;))
そしてセクシーなスー・チーの姿もヽ(^。^)ノ

舞台挨拶:
以前リンクを載せましたが


第20回東京国際映画祭提携企画 第20回東京国際映画祭提携企画 香港映画祭 レッドカーペット&オープニングセレモニー! | ライブ台湾
に動画が載っています。

まず、映画『鐵三角TRIANGLE』の監督、ツイ・ハーク(徐克)監督、リンゴ・ラム(林嶺東)監督、ジョニー・トー(杜{王其}峰)監督そして主演のルイス・クー(古天樂)の登場。
この御4人はTVの画面等ではよく見かけるものの、実物を見たのはいずれも初めて。

ツイ・ハーク監督はかっこよくて、ルイスは結構色黒でした。
リンゴ・ラム監督はとってもハンサムでした。ジョニー・トー監督は可愛かったです。

リンゴ・ラム監督が東京はグルメだ。と言ったことと頑張って日本語で挨拶をしたルイスが印象的でした。

あと司会の方が『鐵三角』の意味は、強いきずな。3人がなくてはならない存在・・・と言っていたのにびっくり!!
意味ってそうなんだ(・。・;←初めて分かる私・・・(/_;)

しかし、香港映画祭のオープニングセレモニーが終わって翌日の大陸ネットのニュースサイトのニュースを見るとジョニー・トー監督にスポットが上がっているニュースが多くて、人気の高さを感じました。

ルイス:
3人の監督の演出された感想を聞かれ、答えるのに戸惑ったときと、映画の見どころを聞かれ話し終わって、3人の監督ににこやかにお辞儀をして、3人の監督もやはりにこやかにお辞儀をして返していたのが印象的でした。

こ3人の監督、とってもお茶目。特にツイ・ハーク監督がその中でも一番お茶目で面白かったです。(私、面白い人が好きなので、彼の株がさらに上がりました~~♪ヽ(^。^)ノ)

映画『鐵三角TRIANGLE』の鑑賞の前に映画の撮影のメイキングの興味深い話や映画に関係することのお話が聞けて本当に良かったです。ヽ(^。^)ノ m(__)m

第2陣として映画『男兒本色』主演の(←“だんじほんしょく”と言う呼び方にまだ慣れない私。私は、北京語読みなので)
ニコラス・ツェー(謝霆鋒)、ジェイシー・チェン(房祖名)、ショーン・ユー(余文樂)がステージに呼ばれる。
ニコラスは髪を後ろの下の方に一本に縛り黒いタキシードを着てとってもかっこいい~~♪(*^。^*)
ニコラスに会うのは(と言っても客席からですが(/_;))『香港国際警察』(『新警察故事』)でジャッキーと彦さん(ダニエル・ウー)と来日して以来ヽ(^。^)ノ←あのときは本当に頭がおかしくなった私でした。(/_;)
ニコラスは結婚して息子さんもできたけれど全然変わっていなかった。ヽ(^。^)ノ
そしてジェイシー、黒いコートを着てこれまたかっこよかったです。ヽ(^。^)ノ
ショーンはグレーのスーツを着ていました。(^_-)-☆

あいさつでなぜかニコラスが英語で話して、そして意外にもジェイシーが日本語で話し、そしてショーンも頑張って日本語で話していました。
(2人共、日本語で話すなんて偉い!!よけい親近感がわきました。(^_-)-☆)
ジェイシーはあの笑顔で手を振ってあいさつして本当に可愛かったです。ヽ(^。^)ノ

8月にパパになった感想を聞かれ、うれしそうににやにやして喜びを隠しきれない様子のニコラスはとっても可愛くて親近感がわきました。(ニコラスはあんなにかっこいいけれどやっぱり私生活では普通の人(良きパパ)なんだ。(^_-)-☆)
2人の頑張った日本語の挨拶に感化されたのかもともと日本語の話せるニコラスはここで日本語で話しだした。(^_^;)

ジェイシーに司会の方がこの映画で初めてのアクションシーンと言っていたのが?????(・.・;)

やはりジェイシーがジャッキーの息子さんであることが司会者によって明らかに。(・。・;
(それはそうなんだけどね。)

香港のお勧めのスポットの紹介コーナーも良かったです。
ツイ・ハーク監督のときは香港のお勧めのスポットと言っていた司会者はなぜか
リンゴ・ラム監督の時に香港の冬のお勧めスポットに質問を変えた。
答えに困るリンゴ・ラム監督に2人の監督が何やらちょっかいを出している様子。
ジョニー・トー監督がツイ・ハーク監督家で鍋をそしてツイ・ハーク監督がジョニー・トー監督の家に行って鍋をやろう。そしてルイスが焼き肉でもやろうと言っていたと言うのには大笑いしてしまいました。ヽ(^。^)ノ

ルイスがニコラスの息子さんのベビーシッターでもやろうかなと言っていたのにも大笑いしてしまいました~~♪ヽ(^。^)ノ
思わず、『プロジェクトBB』(『寶貝計劃』)を思い出してしまった。(^_-)-☆
きっと彼だったら素晴らしいベビーシッターになれることでしょう。(^_-)-☆
(ルイスってクールな感じですが案外面白いんですね。ヽ(^。^)ノ←ファンサービスも良いし。)

ここで司会者がニコラスに「何か皆さんの行ける現実的な場所か、現実的な食べ物をお願いします。」と言ったのにも笑えた。ヽ(^。^)ノ

なぜかここでニコラスはニコラス節で「ほんこぉんはぁ~~。」と言ってその後なぜか自分の趣味の話をし始め、「日本のげいせぇんはぁ~やっぱり一番ですねぇ~。」と言ったのにも大笑いしてしまった私。ヽ(^。^)ノ
その後に「ほんこんのやきとりぃ~・・・おいしいですねぇ~。チャンスがある、いっしょにたべます。」と言っていたのは信じていいのかしら???

そしてジェイシーの順番になって「僕は正直ものです。いったいどこを勧めたらいいか?わかりません。香港は良いです。」と困った感じで言っていたのが意外でした。
そしてニコラスがマイクを奪い「香港に行ったら彼の家に行ったらどうでしょう。もう豪邸ですよ。」と言っていたのには思いっきり笑えた。
そしてショーンが「彼のお父さんの家に行ったら見学に2日間はかかります。ディズニーランドより広いと思います。」と言っていたのにも大笑いしてしまいました。ジェイシーは笑いながらも困った顔をしていました。

ショーンが「全然大丈夫。」と言っていたのにはびっくりしました。
いったいどこでこの言葉を知ったの??(発音もうまかったです。)

龍好きYUMI☆☆のサイト(FC2ブログ編) 東京国際映画祭の香港映画祭 ニコラス・ツェー(謝霆鋒)の子供が観光スポットに!?(中国語記事訳)

最後のカウントダウンセレモニーへ

3か所に分かれ誘導され、そしてニコラス、ジェイシー、ショーンの前にスタンディングマイクが一個あったからそれでかジェイシーが口で音楽を奏で始め(ドゥーワップかな?)そして両隣のニコラスとショーンも続いた。

ルイス、ニコラス、ジェイシー、ショーンともお茶目で面白かったですが、
特にジェイシーが一番お茶目で面白くてツイ・ハーク監督ともども私の中での株が上がりました~~♪ヽ(^。^)ノ

レッドカーペット:
映画『鐵三角TRIANGLE』上映の後に一緒にお茶をした香港映画ファンの仲間の話だと(彼女はサインボート(?)の前のプレスの場所のすぐ後ろの一般者のところにいたそうな。←うらやましい~~♪)
先ず白いリムジンでツイ・ハーク(徐克)監督、リンゴ・ラム(林嶺東)監督、ジョニー・トー(杜{王其}峰)監督そして主演のルイス・クー(古天樂)が現れ、そして第2弾として、ニコラス・ツェー(謝霆鋒)、ジェイシー・チェン(房祖名)、ショーン・ユー(余文樂)が現れたそうな。
ルイスはレッドカーペットのあちこちに行ってファンに手を振ってファンサービスが一番良かったそうです。
第1弾より第2弾の方があっさりと終わってしまった感じがすると言っていました。

第1弾も見たかったな。(/_;)


会場に入ってまだ時間があったので周りを見に行ったところ、
第20回東京国際映画祭のマイクロバスが止まっていました。
スタッフの方でもが乗ってこられたのかな?

P10100612007.10.23.jpg


7人がサインをしたボードもありました。ヽ(^。^)ノ
P1010055.jpg


P1010049.jpg


香港映画祭 HONG KONG FILM FESTIVAL 2007

東京国際映画祭 上映作品-部門紹介

Welcome to DiscoverHongKong(香港政府観光局HP)

龍好きYUMI☆☆のサイト(FC2ブログ編) 映画『男兒本色』(『Invisible Target』) が東京国際映画祭の香港映画祭 HONG KONG FILM FESTIVALで上映~~♪ヽ(^。^)ノ

龍好きYUMI☆☆のサイト(FC2ブログ編) 東京で行われる中国映画祭色々~~♪ヽ(^。^)ノ

龍好きYUMI☆☆のサイト(FC2ブログ編) 第20回東京国際映画祭(含む香港映画祭)

そしてお楽しみのオープニングセレモニーも終わり。(;O;)

次はこの日最後のお楽しみの映画『鐵三角TRIANGLE』の上映。

トイレに行った友達の話だとニコラスたちが乗って帰る感じの車がレッドカーペットに車が到着した場所に止まっていたそうな。

さて『鐵三角TRIANGLE』上映~~♪
それぞれの監督のカラーが出ていて面白かったです。(^_-)-☆
ジョニー・トー(杜{王其}峰)監督のパートはほのぼのとして面白い部分も数か所ありました。ヽ(^。^)ノ

観て良かったです~~♪ヽ(^。^)ノ

それと是非書きたいこと:
いつも私は映画を見るとき上映が始まるとに周りに聞こえないような小さな音で手をたたきます。
そして映画が終わる時も必ずやっています。

今回は映画ご鑑賞の皆さまが映画上映開始の際と終了の際、皆さんが手をたたいていました。
そしてエンドクレジットが終了してからまた手をたたき、席をお立ちになり。
エンドクレジットの途中で席を立つ方が一人もいられなかったことにとても感動しました。m(__)m
おかげさまで本当に気持ち良く映画を見ることができました。
映画ご鑑賞の皆さま、そしてこんなに素晴らしい機会を作ってくださった主催者の香港特別行政区政府駐東京経済貿易代表部並びに香港政府観光局、後援の香港貿易発展局、協力のキャセイパシフィック航空会社そしてスタッフの皆さまにお礼を言いたいです。
ありがとうございました。m(__)m
またこのような機会があることを望んでおります。m(__)m


映画が終わって友達の友達数名と待ち合わせ。
その間に約4時間飲み物を飲んでいなかった私はすっかりのどが渇いて飲み物を買いに走る。

そのあとに寄ったコーヒーショップでもかなり水を飲んだ私であった。(・_・;)

テーマ:☆.。.:*・゚中国・香港・台湾映画゚・*:.。.☆ - ジャンル:映画
ライブ台湾で香港映画祭のレッドカーペットと開幕セレモニーの動画と画像がUPされていました~~♪ヽ(^。^)ノ

第20回東京国際映画祭提携企画 第20回東京国際映画祭提携企画 香港映画祭 レッドカーペット&開幕セレモニー! | ライブ台湾

ライブ台湾 | 第20回東京国際映画祭  ライブ台湾セレクション

ルイス・クー(古天樂)東京で日本の映画ファンと会う ニコラス・ツェー(謝霆鋒)一番ファンの歓迎を受ける(新浪網)

記事の画像は《鐵三角》の画像です。

当日(10/23)ルイス・クー(古天樂)は《鐵三角》のプレミアに出席した。
日本のファンは早くから会場で待ち、古仔(ルイス)の37歳の誕生日を祝う『生日快楽』のプラカードを持ってきた。残念なことにファン達は会場の警備員によってアイドルに近づくことができなかった。
古仔はファンを滞在のホテルに呼んで記念撮影及びサインをする段取りをした。


---------記事訳以上---------

この記事:
訳そうかどうするか悩みました。

ルイスのホテルでのサインと記念撮影の件はルイスのファンの方から後日聞きました。

ルイス:
私はTVBのドラマで結構、前からなじみがあって、映画も素晴らしい。
あんなにBIGなスターなのにファンサービスがよくてびっくりしました。

香港のスターはファンサービスがいい人が多いですね。(^_-)-☆


映画《鐵三角》のページ(新浪網)

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。