Invisible Target

TV-on-Video SALE

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター

龍好きYUMI☆☆のサイト(FC2ブログ編)

龍、ジャッキー・チェン(成龍)、武術、中国、鍛錬身体(身体を鍛える事)、マリンスポーツ、水泳、野球、猫、紫、蝶・・・etc好き管理人のサイトです。 記事訳等の転載は禁止します。


Aqua Museum
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコラス・ツェー(謝霆鋒)男兒本色(男性の本来の姿)を発揮する カンフー映画の後継者に期待される(新浪網)

注:ネタバレありなので、ストーリー等を知りたくない方は後半1/3は読まないでください。

本報電:ニコラス・ツェー(謝霆鋒)、ジェイシー・チェン(房祖名)、ショーン・ユー(余文樂)主演の警察と強盗のアクション映画《男兒本色》はすでに後半の最後の段階に入っており、計画では夏、(中国)全面上映される。

昨日(4/25)ベニー・チャン(陳木勝)監督とこの映画で悪役を演じたウー・ジン (呉京)

ベニー・チャン(陳木勝)は香港映画の俳優は端境期なので、ニコラス・ツェー(謝霆鋒)にカンフー映画の後継者になってほしいと語った。

《男兒本色》でニコラス・ツェー(謝霆鋒)とショーン・ユー(余文樂)は『かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート』(『龍虎門』)の後、再び技量を振るった。
ベニー・チャン(陳木勝)監督は:「この映画の70パーセント前後がアクションシーンであり、僕は彼ら3人に多くの危険なアクションをさせた。その上、大部分がスタントマンを使わず、命知らずのジャッキー・チェンの映画に少しも引けを取らない。」と語った。
聞くところによるとニコラス・ツェー(謝霆鋒)はさらに6000万香港ドルの高額の生命保険をかけた。
ベニー・チャン(陳木勝)監督もニコラス・ツェー(謝霆鋒)に大きな期待を寄せている。
(ベニー・チャン(陳木勝)監督):「彼はカンフーがとても好きで、剣、棒、ヌンチャク等を撮影現場に持ってきて、やることがない時はほかの人と腕比べをしている。この映画で、彼は、その特長を初めて全面的に発揮した。その上、僕は彼が香港カンフー映画の後継者になる人物だと見ている。」

このほか、初めて『大立ち回り』をした龍の子 ジェイシー・チェン(房祖名)もこの映画にとても大きな見どころをもたらしているがジェイシー・チェン(房祖名)は『龍子』(『龍の子』{←ジャッキーの子})は決してカンフーが好きではなく(ベニー・チャン(陳木勝)監督):「初めはとても軟弱でその後、戦い方が一番残忍な役柄を演じている。ジェイシー・チェン(房祖名)は見た感じがひ弱である。彼自身カンフー映画が嫌いであるが彼の反応と敏捷さは、間違えなくとても上のレベルにあるのは、龍の子だからだよ。」

注:ネタバレありなので、ストーリー等を知りたくない方はここからは読まないでください。

警察と強盗のアクション要素はずっとベニー・チャン(陳木勝)監督が割に得意として表現してきた。
《男兒本色》もこのスタイルであるが今回の映画の警察官は3人の気骨のある強い若者:ニコラス・ツェー(謝霆鋒)、ジェイシー・チェン(房祖名)とショーン・ユー(余文樂)である。
映画で3人の警察官は皆、犯人を追跡の過程で、各自の恩と仇を持っており、自分が警察官であることを全く忘れてしまい、最後にはやはりお互いの姿をよく見た後、やっと自分自身が感情的に物事を処理していることに気付き、そのことにより、極めて大きな代償を払う。
スポンサーサイト

テーマ:華流・台流 - ジャンル:アイドル・芸能
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。