Invisible Target

TV-on-Video SALE

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター

龍好きYUMI☆☆のサイト(FC2ブログ編)

龍、ジャッキー・チェン(成龍)、武術、中国、鍛錬身体(身体を鍛える事)、マリンスポーツ、水泳、野球、猫、紫、蝶・・・etc好き管理人のサイトです。 記事訳等の転載は禁止します。


Aqua Museum
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジジ・リョン(梁詠) 広州で新作映画のプロモーション イメージチェンジを望み、もう2度とアイドル派はやりたくない(新浪網)

昨日(6/28)ジジ・リョン(梁詠)の気分は良く、恋愛の件についても避けることがなく、また自分は目下のところすべて愛を拒絶し、仕事だけに取組みと漏らした。

キャリヤウーマンをやっていくのは容易なことではない

バーバラ・ウォン(黄真真)監督は、玉女 ジジ・リョン(梁詠)を主役に選んだ理由として、その時ちょうど彼女は愛の傷と仕事の低調期の真っただ中にいて、彼女は主役の気持ちを最も把握することができるからだと語った。

ジジ・リョン(梁詠)は、キャリヤウーマンをやっていくのは容易なことではなく、自分にしかわからない多くの悲しみがあると素直に言った。
(GIGI:)「香港での仕事は、生活力のプレッシャーがとても大きい。良い女性になるには、良い俳優と同じくさまざまな役柄を良く演じなければならない。私はデビューして12年、金融危機、SARS、愛の別れと出会い、仕事の好調と谷・・・ ・・・私も香港と共にこれらの激しい変化を経験してきたので、演じていてとても共鳴できました。」
ジジ・リョン(梁詠)は困難に遭遇したとき、肩に頼れる男性はいなくて、自分自身で強く立ち向かい、意志の力で持ちこたえなければならなかった。乗り越えてから、前に向かっていきたいと気付いたと語った。

ジョージ・ラム(林子祥)はとても男性らしさがある

《女人本色》でジジ・リョン(梁詠)はジョージ・ラム(林子祥)と聶遠、ハッケン・リー(李克勤)それぞれと共演し、3回の別れと出会いのラブストーリーを演じている。
ジジ・リョン(梁詠)は、3名の女性引き立てる緑の葉を賞賛し:「ジョージ・ラム(林子祥)はとても男性らしさがある。聶遠は演技がとてもうまい。ハッケン・リー(李克勤)はとても安心感を与える。彼らはこの映画が女性の映画だとはっきり知っていて、また喜んで(女性をひきたてる)緑の葉になっていて、彼らがとてもプロフェッショナルなことを証明しています。」と付け加えた。
自分の配偶者えらびの条件について、彼女は定論はなく、やはり『フィーリングから』だと語った。
ジジ・リョン(梁詠)は、目下のところ自分は愛がからっぽである。なぜなら仕事に重きを置きたいと考えており、彼女は求愛者を門前払いすると語った。
(GIGI:)「私は今、仕事が忙しくて、毎月スケジュールもいっぱいなの。映画、コンサート、ニューアルバムで恋愛する時間はないわ。その上、まだ結婚する気がなくて、やはり若いうちに仕事で経験を積んでおきたいの。ある日、自分に家庭の責任を負える能力がついたとき、また結婚のことを考えるわ。」

映画を通じてイメージチェンジを図りたい

以前のいくつかのお飾りの役に比べて、ジジ・リョン(梁詠)の《女人本色》での役柄は難度がとても高い。
バーバラ・ウォン(黄真真)監督の彼女に対しての評価は「想像よりかなり良い。」
ジジ・リョン(梁詠)本人も映画を通じてイメージチェンジを図り、実力派女優になりたい。
(GIGI:)「以前演じた役柄は割にアイドル系で割に精純派でしたが今回、人の母親となり、またこんなに多くの挫折と悲惨なことを経験して、演技の上で大きな進歩がありました。」
ジジ・リョン(梁詠)はこの映画の出演を通じて、同業者と観客に認められたい。
(GIGI:)「映画の賞を受賞して、自分の今回の演技にも自信をつけたい。演じ終わって、私の仕事は終わりました。あとはすべて皆さんの批評にお任せします。」
スポンサーサイト

テーマ:華流・台流 - ジャンル:アイドル・芸能
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。